自然治癒力を発揮させる|効果を実感したいなら馬プラセンタを飲もう

効果を実感したいなら馬プラセンタを飲もう

女の人

自然治癒力を発揮させる

ウエスト

選択肢の1つに

更年期は閉経の前後数年を含めて45歳〜56歳くらいの頃のことを指します。更年期には卵巣が委縮して女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下し、自律神経がバランスを乱すことで様々な障害が現れます。更年期障害の主な症状は、精神的な面では感情が鋭敏になり、ヒステリックになったり、不安、心配、無気力、絶望感にさいなまれたりします。肉体的には、胃腸の障害を始めとする内臓の不快な症状、排尿障害、肩凝り、関節の痛みなどが現れます。主な治療法は、エストロゲンを服用する、ホルモン補充療法が基本ですが、受けられない人や薬物に抵抗がある人の選択肢の1つに、漢方薬を用いる療法があります。漢方療法は西洋医学の薬とは違い、心身全体の調和をはかることで自然治癒力を発揮させる特徴があります。

天然の生薬の組み合わせ

西洋医学の薬はほとんどが化学合成された人工物ですが、漢方薬は自然界にある植物や鉱物など天然の生薬を複数組み合わせて作られます。病院で良く利用されるのは生薬を煎じたエキスをフリーズドライしたエキス顆粒剤です。漢方薬は、長期間かけてゆっくりと効き目が現れるいうイメージを持たれていますが、患者の体質に合うものなら効果は早く、2〜3週間で実感できる場合が多いです。西洋医学では検査数値の改善といった有効性の指標が必要ですが、漢方は服用した本人が、良く効いた、身体の具合が良くなった、という実感が何よりも重視されます。逆に言えば、2〜3週間で効果が現れなかった場合には、漢方薬の処方を変えることも、更年期障害には必要です。